お腹のカビが原因で関節や筋肉に炎症が起きる

2021年7月1日

抗生物質の長期間の使用やストレスなどでお腹の中にカビが繁殖することがあります。

日本は高温多湿なので住宅環境からもカビが体内に入り込みやすい環境にあります。

それが原因でお腹のカビが増殖して毒素を撒き散らす事で原因不明とられている自己免疫疾患、自律神経失調症、アトピーを引き起こしたりします。

また筋肉や関節に痛みがあり、通常だと施術により徐々に回復をしてくる所がなかなか改善してこないケースがあります。

その場合、腸内のカビが原因で腸内で炎症を起こしている事があるので、施術と同時並行に腸内環境も良くしてあげる必要があります。

対策として、お腹のカビを増やさない方法とお腹のカビを減らす方法があります。

増やさない方法はカビの餌となるものを摂らないという事です。具体的には糖質を減らしたり、食物繊維を取りすぎないことや発酵商品のキムチ、麹、酵母、きのこ類、納豆などを食べないという事です。

減らす法方は抗菌作用のある食品を摂るということです。オレガノオイル、グレープシードオイル、MTCオイル、梅干し、ニンニクなども効果があるとされています。

試してみて自分に合ったものを洗濯機しましょう。

減らす方法は一気になるとカビが死滅する時に毒素を出すダイオフ現象により体調を崩す場合があるので少しずつやる必要がありますので注意してください。

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ

診療時間日・祝
午前 9:00~12:00
午後15:00~20:00
休診日:木曜・日・祝 

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG


お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページを閉じる

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お問い合わせ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG


お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページトップへ戻る