体内の水たまり、「湿邪」とは?

◆「湿邪」とは?

天気と体調は、実は深い関係があります。気象の変化が影響して身体に何らかの症状が出たり、悪化したりする病気を、「気象病」ということがあり、気象病の中でも、梅雨のように湿気が多い時に起こるトラブルは湿邪(しつじゃ)によるものだと考えられています。

雨などで大気に水気が増えた状態を湿(しつ)といい、この湿が増えると体に悪さをする湿邪となるのです。つまり湿邪とは、身体の中に溜まった「余分な水分」がうまく排出されないことで引き起こる様々なトラブルの原因。雨が降ると頭痛がする、低気圧が近づくとだるくなる、等の症状は湿邪によるものだと言えるでしょう。

湿邪の原因は、外的な要因の「外湿」と、体内に水分が貯まることによって起こる「内湿」に分けられますが、特に梅雨の時期は、外湿によって内湿が引き起こされることが多々あり、他の季節よりも特に湿度に気を配らなければならないのです。

◆体の湿気対策を万全に

湿邪によるトラブルは消化器系にもよくあらわれます。雨が降ると食欲が減退する、胃もたれがひどくなる、舌苔が増えるなどの症状はありませんか?

雨だから仕方がないと諦めるのはまだ早い。雨の日に上記のような不調を感じるのであれば、食生活の見直しから始めましょう。脂っこいもの、消化に悪いものを避け、サラッとさっぱり食べられる、消化の良いものを積極的に取るようにしてください。また、普段から汗をかきにくい人、トイレに行く回数が少ない人、むくみやすい人は、湿邪による不調に見舞われやすい傾向がありますので、意識的に汗をかき、トイレに行くようにしてください。

頭痛には頭痛対策、胃腸系には胃腸系の対策、と分けて考えるのではなく、体全体から湿を除いて、トータル的に調子を整えるようにしましょう。

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ
診療時間表

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ページを閉じる

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

お問い合わせ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ページトップへ戻る