分子栄養学による血液検査の見方(油編)

油の理想値です。

総コレステロール・・・200

HDL(善玉コレステロール)・・・70

LDL(悪玉コレステロール)・・・120

L/H比・・・2.0以下

中性脂肪・・・100

コレステロールは、量とLDL/HDLのバランスが大切です。

多すぎるのも問題ですが、少なすぎるのもNGです。

LDLは悪玉コレステロールと言われて悪いイメージがありますが、LDLは細胞膜やホルモンを作る材料なので少ないのもよくないのです。

数値を増やすにはコレステロールの材料である「タンパク質と油」を摂ることとコレステロールを作る肝臓をケアする必要があります。

LDLの数値が低いと交感神経が優位でエネルギーの消費量が多くなっている可能性があります。

 

関連記事

    記事はありませんでした

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ
診療時間表

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ページを閉じる

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

お問い合わせ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ページトップへ戻る