変形性股関節症とは?

加齢現象以外に関節の変化の原因をみいだせないものが、一次性変形性股関節症(老人性退行性変化)、みいだしうるものを二次性と区別しています。

二次性の変形性股関節症は、先股脱治療後の骨頭の変形・寛骨臼形成不全・頸体角異常・ペルテス病・外傷(骨折、脱臼等)・突発性大腿骨頭壊死その他の関節疾患の後に発症して起こるものもあります。

欧米では一次性が多いですが、わが国では大多数が二次性股関節症のことが多いです。

それらは先股脱・亜脱臼・臼蓋形成不全に続発しておこる、脱臼性股関節症です。

中年以後の女性に多いです。

 

症状

初期には、わずかな障害、すなわち起立歩行時の股部、臀部または下肢の疲労感を訴えることが多いですが、次第に関節の疼痛と可動域制限が加わってきます。

疼痛は起立歩行時に出現し、歩行につれて漸次減少、または消失し、なお歩行を続けることにより増強し、起立歩行しえない状態にまでになります。

可動制限はまず、開排運動すなわち屈曲外転が制限されるのが特徴で、進行すれば他の運動も制限されますが屈曲は比較的長時間保たれ、完全に不動性となることは少ないです。

起立時の姿勢は腰椎前弯が増強し股関節を後方に突出させ、歩行時は下肢を外旋位にして、疼痛が強い時は逃避性歩行を示します。

中臀筋の筋力が低下したものでは、患肢で起立した際反対側の骨盤が下がり左右の揺れが目立つ、いわゆる弾性堕下性歩行を示します。

進行したものでは、下肢の短縮もみられるが、腫脹・発赤・熱感等はなく、全身状態は良好です。

区別を要するもの

*座骨神経痛

*突発性大腿骨頭壊死

*結核性股関節炎

 

◇変形性膝関節症とは

◇変形性膝関節症の一般的な治療方法

◇なぜ当院の施術で変形性の股関節症・膝関節が改善されるのか?

◇膝関節痛改善の喜びの声

◇股関節痛改善の喜びの声

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ

診療時間日・祝
午前 9:00~12:00
午後15:00~20:00
休診日:木曜午前・日・祝 

ページトップへ戻る