子供の心のトラブルは栄養が関係している

イライラや不安感が強い、落ち着きがない、物忘れが多い、学校に行けないなど、このような傾向は性格の問題と言われる。

場合によっては発達障害ADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されることがあります。

 

その発達障害に代表される心のトラブルのほとんどに栄養が関係していると言われています。

ビタミンB12鉄、亜鉛などの不足と子どもの心のトラブルの関係を証明する研究発表などもされていたり、IgGタイプ(遅発性)の食物アレルギーがADHDにかかわっていて抗原になっている食材を除去したところ子どもの半数が著しい改善がみられたとされる論文も発表されています。

 

発達障害やADHDと診断されると薬が処方されたり、問題行動に対してどのように対処して行動すればよいかばかりが話されます。

食べ物が問題行動と結びついているというと意外に思うかもしれませんが、栄養が足りていないことで神経伝達物質(セロトニンなど)がうまく作られなかったり、食物アレルギー(脳アレルギー)によってイライラや不安感がでて生活に支障をきたしている場合もあるのです。

 

栄養不足やIgGタイプ(遅発性)のアレルギーは目で見て分かりづらいので、検査をする必要があります。

栄養不足など広い観点から子どもの発達障害や心のトラブルをみてくれるクリニックがありますのでご紹介します。

  • 溝口新宿クリニック 新宿区新宿2-3-11 TEL:03-3350-4191
  • 本間スクエアクリニック 川崎市幸区堀川町580 TEL:044-511-4191

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ

診療時間日・祝
午前 9:00~12:00
午後15:00~20:00
休診日:木曜午前・日・祝 

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG


お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページを閉じる

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お問い合わせ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG


お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページトップへ戻る