己を知って「うつ病」を克服するオーソモレキュラー療法

うつ病に対して不足しているホルモンを薬によって補おうという治療方法が一般的です。

これだと継続して薬を使い続けることになり根本的な治療にはなりません。

それに対してオーソモレキュラー療法は、うつ病の人は「特定の栄養素不足」「代謝異常」がみられるのでそれを検査(*1)よって調べて「食事」や「サプリメント」で補うというものです。

従来の「これが体に良いといった食事法」ではなく、検査により自分になにが足りないかを把握して「個人個人にあった食事」をとるという身体に負担の少ない治療法です。

 

まずは個人の体を把握するということが大事ですが、セロトニン(幸せホルモン)の代謝に関係するビタミンB群(特にナイアシン)を摂取するということでも改善がみられることが多いです。

またビタミンB群以外の栄養素では、男性は亜鉛女性は鉄を摂ると良い傾向にあります。

うつ病は慢性的なタンパク質(ホルモンを作る材料)不足低血糖症(血糖値の乱高下)糖尿病と関連性があると言われています。

現代はパン、白米、麺など糖質の摂取が多くなりがちです。食事の8割、9割が糖質という人も多かったりします。

糖質が多いと血糖値の乱高下が激しくなり、不安が増して気分が落ち込んだりしやすいです。

食事の糖質の割合を5~6割にして良質のたんぱく質を摂取することで改善がみられることがあります。

*1)血液検査による栄養分析、代謝機能をみる有機酸検査、食べ物のアレルギーをみる遅発性フードアレルギーテストなど

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ
診療時間表

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG


お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページを閉じる

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お問い合わせ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG


お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページトップへ戻る