産後のぽっこりお腹

ぽっこりお腹の一番の原因は、骨盤の開き

このような方へ

  • 前の体重に戻らない。

  • そんなに食べてないのに、あと1~2キロが減らない。

  • 体重は戻ったけれど、下腹がぽっこりしている

産後骨盤矯正は、すべてのお母さんのため

  • 子供を抱っこして、腰が反りやすくなります。

  • 歪んだ体で育児や家事を続けることで更に背骨や骨盤が歪みます。

  • 歪んだ体のままだとインナーマッスルがうまく使われなくて、ぽっこりお腹になります。

 

産後骨盤矯正は産後すぐのお母さんにだけでなく、
今まで産後のケアをしていない全てのお母さんに必要なことです。

抱っこをする時に、腹筋でなく背筋を使うようにしがちです。
腰の骨を前で支える腹筋がないので、腰が反ってお腹がポッコリと前に出てきます。
インナーマッスル(横隔膜、腹筋、骨盤底筋)が正しく使われなくなるので尿漏れ、産後太りなどが起こる。

産後は長時間座っていたり、抱っこをしたりして、同じ筋肉が疲れてきて筋肉が短縮しやすい状況がうまれます。(お尻や太ももの筋肉)

産後太りの原因

  • 骨盤が開き、代謝が落ちることによる

  • 育児ストレスによる偏食

  • 授乳することにより、お腹が減る

  • 育児が優先で運動できなかったり、自分の体のメンテナンスができない。

産後で太るのは育児によるストレスを感じて、それを食べ物で発散させているということにも一因があります。

朝・昼・晩、3食きっちりは食べないけど、夜中に食べるとか、甘いものが手放せないとか。育児が大変な中、手軽なものを選ぶことも必要なことだと思いますが、たまにのご褒美が毎日のご褒美になって積み重なっている。こんなこと当てはまりませんか?「私、あまり食べないんですけど」という方でも、よくよく話を聞いてみると偏食なことが多いです。

結局のところストレスの原因は、育児による体や心の疲れですよね。

産後骨盤矯正で体の辛さや痛みを取り除いたり、自律神経の乱れを整えて質のいい睡眠へ導いていきます。

また精神的なストレスも取り除き、さらには予防するという効果があります。

ただ食べなければいい、なんて言われてもストレスはたまる一方!

体を整えて悪循環を断ち切ることが、楽しい子育てにつながっていきます。

◇産後の体をケアする必要性

◇産後の腰痛

◇当院の産後骨盤矯正とセルフケアについて

◇産後の骨盤ベルトについて

◇産後骨盤矯正を受けた患者さんの喜びの声

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ

診療時間日・祝
午前 9:00~12:00
午後15:00~20:00
休診日:木曜午前・日・祝 

ページトップへ戻る