糖尿病が改善する寺田本家の発酵玄米酒「むすひ」(百薬の長)

 

12月と言えば「忘年会」のシーズンでお酒が好きな人にとっては嬉しい時期ですね♪            

お酒は「美味しい」という一方で「体に悪い」というイメージもあるかもしれません。         

お酒が体に悪いというのは「量」の問題もありますが、「質」の問題もあります。

日本酒でいうと大量生産で作られたお酒は、「発酵」の過程で菌会社から単一の菌を純粋培養されたものを購入して使われます。その菌を培養する「培養液」が何を使われているか分からないことに問題があります。「醸造用アルコール」、「合成乳酸」、「うまみの添加物」を添加されているものもあるみたいでそれが「肝臓」に負担がかかるのです。

千葉県神崎にある「寺田本家」は、一時購入した「菌」でお酒を造っていたみたいですが、今は本物のお酒をつくろうという考えに至り、蔵に住み着く「天然菌」「無農薬米」を使用して造っています。

昔ながらの手法で手間暇かけられたお酒は「糖尿病」や「高血圧」が改善したデーターもあるそうです。  

 『発酵道』寺田本家23代目当主 寺田啓佐 河出書房新社 参考

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ
診療時間表

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG


お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページを閉じる

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お問い合わせ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG


お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページトップへ戻る