花粉症などのアレルギー症状を悪化させるリーキーガット症候群

リーキーガット症候群ってご存知ですか?

「腸管壁浸漏症候群」とも言われています。

腸の働きは食べ物の栄養を吸収する一方で、大きな分子・有害物質・病原菌を体内で取り込まないで

「ふるい」にかけるということがあります。

 

Leaky(リーキー)=もれやすい、Gut(ガット)=腸、「もれやすい腸」。

つまり、リーキーガット症候群とは「ざるの目」が粗くなって本当は必要のないものまで腸から体内に入ってくる状態の事をいいます。

アレルギー症状を引き起こす原因になります。

 

<リーキーガット症候群の原因>

植物に含まれる細菌、真菌、添加物、化学物質、ステロイド剤、鎮痛剤、抗生物質、などの医薬品、砂糖のような精製された炭水化物、

アルコール、ストレスなどです。

                『その「不調」、あなたの好きな食べ物が原因だった?』澤登雅一(3番町ごきげんクリニック院長)参考

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ
診療時間表

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG

お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページを閉じる

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お問い合わせ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ひだまり整骨院 BLOG

お問い合わせ

  • お問い合わせ 概要

ひだまり整骨院 Facebook

ページトップへ戻る