分子栄養学による血液検査の見方(たんぱく質編)

血液検査によるタンパク質不足かどうかの見方

●γGTPの目安・・・18

●BUN(尿素窒素)の目安・・・18

●総タンパクとアルブミンの数値

γGTPやBUN(尿素窒素)の数値が目安よりも下回っている場合はタンパク質不足が考えられます。

またタンパク質の摂取は足りているが、タンパク質を代謝する為のビタミンB群が少ないといったことや肝機能が低下している場合もあります。

 

タンパク質や油が身体を作る主な部分になってきます。

タンパク質が不足すると筋肉からタンパク質を溶かして補おうとするため、筋力が低下していきます。

皮膚や筋肉だけでなく、血液や胃腸の粘膜、ホルモン、酵素、免疫の抗体などもタンパク質と油を基に作られるのでしっかり摂取していきましょう。

 

ご予約・症状相談はこちら
お電話番号 043-463-2011
ご予約フォームへ
診療時間表

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ページを閉じる

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

お問い合わせ

メディア掲載

週刊文春
週刊文春
優良治療院として紹介される

ページトップへ戻る